安良里マリン 海洋情報

西伊豆・安良里のダイビングサービスが提供する海洋情報です。

11月6日(日)

天候:晴れ
ポイント:沖の根・御黄金
水温:22~23℃
透明度:15m
気温:20℃
風向:北東

連日、秋晴れで気持ちの良い青空が広がり、温かく昼間は半袖でOKです。
北には少しだけ雪を被った富士山がはっきりと見えました。
終日海は北東の風でべた凪、、、最高のダイビング日和となりました。
沖の根根回りではキンギョハナダイ、クロホシイシモチyg、キビナゴ、メジナ等の群れで賑わっています。
根頭の浅い4,5mではコケギンポ、アライソコケギンポ、イソギンポ等があちらこちらにいるので安全停止中は写真を撮れます。
中層では久々に小さなピカチューを発見!
その他イガグリウミウシ、アオウミウシ、キイロウミウシ等見られました。
御黄金根回りではキンギョハナダイ、クロホシイシモチ、シラコダイ、メジナ等の群れや東側では色とりどりのソフトコーラスの群生とイソギンチャク畑で遊ぶクマノミ、ミツボシクロスズメやイソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、カザリイソギンチャクエビ、サラサエビ、オトヒメエビの甲殻類でいっぱいです。

※明日の風波ウオッチャー晴れで東の風でしょう!

PB060014.jpg PB050664.jpg

安良里マリンのHPはこちら
スポンサーサイト

10月30日(日)

天候:曇り
ポイント:沖の根
水温:22~23℃
透明度:15m
気温:17℃
風向:北東

今日は朝から曇り空で肌寒く、潜っている方が温かいです。
海況はすっかり回復し、穏やかな海が広がっています。
透明度もアップし、気持ち良く潜れました。
沖の根根回りの魚影の濃さは圧巻!
キンギョハナダイ、ソラスズメ、キビナゴ、イサキ、スズメダイ、クロホシイシモチyg等の群れでいっぱいです。
西の根の頂上はイソギンチャクと共生しているクマノミygとミツボシクロスズメがあちらこちらで見られます。
久々にハリセンボン出現!!
近くまで接近していくと敵とみたのか、、、水を一杯飲んで体を段々と膨らませ鋭い針を立て、何か怒っているような顔がユニークだ。
その他ツノダシ、アケボノチョウチョウウオ、スダレチョウチョウウオ、トノサマダイ、タキゲンロクダイ、アカホシカクレエビ、クリアクリーナシュリンプ、イソギンチャクエビ、イソギンチャクモエビ、サラサエビ、オルトマンワラエビ、サンゴガニ等見られました。
海は温かいのですが、エキジットすると肌寒く感じるのでこれからは防寒対策をして下さい。

※明日の風波ウオッチャーは晴れで北東の風でしょう!

PA090105.jpg IMG_7503.jpg

安良里マリンのHPはこちら


10月16日(日)

天候:晴れ
ポイント:沖の根・松ケ下・御黄金
水温:23~24℃
透明度:10~14m
気温:26℃
風向:北東

今日も晴れて爽やかな一日となりました。
海も穏やかで快適なダイビング日和となりました。
沖の根頂上根回りはキンギョハナダイ、メジナ、クロホシイシモチyg、イサキygの群れでごった返しています。
西根頂上ではあちらこちらに小さくて可愛いクマノミygやミツボシクロスズメがたくさん見られ、またイソギンチャクエビやカザリイソギンチャクエビ、アカホシカクレエビも確認できました。
きれいな色をしたニシキウミウシ、イガグリウミウシ等も見られました。
ゲストよりリクエストがあり、松ケ下で一昨日見たアオウミガメを探しに行ったのですが、残念ながら今日は見られませんでした。
あきらめずに今度またチェックしてきます。
御黄金根回りではキンギョハナダイ、イサキ、メジナ、シラコダイの群れでいっぱいです。
その中にツートンカラーのウメイロやツノダシが混じっていてとても綺麗でした。
イソギンチャク畑に行くと真っ先にクマノミのペアがこちらに寄ってきたのでゲストはニコニコの笑顔でした。
またあちこちでミツボシクロスズメyg、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ等盛りだくさん、、、。
ゲストはたくさんのシラコダイの群れを見て感激していました。

※明日の風波ウオッチャーは雨で北東の風でしょう!

PA160296.jpg PA100140.jpg

安良里マリンのHPはこちら




10月14日(金)

天候:曇り
ポイント:御黄金・松ケ下
水温:22℃
透明度:12~14m
気温:2℃
風向:北東

曇り空で肌寒い一日でしたが、今日も東寄りの風なので終日海は穏やかで絶好のコンディションでした。
また透明度も少しずつ回復し14m位まで見えました。
今週末も東寄りの風で凪が続きそうなので楽しみです。
御黄金頂上根回りでは、キンギョハナダイ、メジナ、イサキ、シラコダイの群れでいっぱいです。
その中に混じってきれいなレンテンヤッコやウメイロも見られました。
岩の上では大きなヒラメがどでんと横たわって目をくりくり動かしてこちらの様子を伺っています。
ヒラメの歯は鋭く尖って白く輝いていました。
イソギンチャク畑では、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、イソギンチャクエビ、カザリイソギンチャクエビ、サラサエビがあちらこちらで見られました。
松ケ下では先日見つけた甲羅がきれいなアオウミガメと再び再会でき、凄く感激しました。
前回ストロボを発光して驚いて逃げてしまったので今日は自然光で撮ってみました。
ゆっくりと優雅に泳いでいる様子はとても気持ち様さそうです。
いつまでもこの場所に居着いてくれることを期待します。

※明日の風波ウオッチャーは晴れで北東の風でべた凪でしょう!

PA110207.jpg PA140211.jpg

安良里マリンのHPはこちら

10月10日(月)

天候:曇り時々晴れ
ポイント:沖の根・御黄金
水温:19~24℃
透明度:10~12m
気温:25℃
風向:北東

連休最終日は、時々太陽も出て気持ちの良いダイビング日和となりました。
沖の根頂上根回りではキンギョハナダイ、メジナ、イサキ等の群れでいっぱいです。
大きなコロダイやマダイもあちらこちらで確認できました。
リクエストでオトヒメウミウシを探しに行ったのですが、残念ながら見ることができませんでした。
ウミウシの餌となる海藻やコケムシにはセスジミノウミウシ、サキシマミノウミウシ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシ、ニシキウミウシ等見られました。
深場に行くと冷たい潮でなんと19度にも下がっていたのでとても寒かったです。
御黄金では、シラコダイのまとまった群れが久々に見られ、癒されました。
キンギョハナダイ、大きなイサキの群れも健在です。
アカヒトデをチェックすると、ヒトデヤドリエビがたくさん共生していました。
またトゲトサカの中にテンロクケボリを発見!
いつみても宝石の様な優雅できれいな貝です。
その他オルトマンワラエビ、アカスジカクレエビ、アカホシカクレエビ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクエビ、ウミウシカクレエビ、サラサエビ、オトヒメエビ、サンゴガニ等見られました。

※明日の風波ウオッチャーは曇りで北東の風でしょう!

IMG_9879.jpg P8310564.jpg

安良里マリンのHPはこちら



 | ホーム |  »

プロフィール

Author:安良里マリン
西伊豆・安良里の海洋情報です。


最新記事


月別アーカイブ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR